安心の畳、信頼の畳店を熊本県畳工業組合がご案内します。

組合のご紹介 組合員のご紹介 組合へのお問合せ サイトマップ 組合員専用
モバイルサイトへアクセス
お手入れ方法
※ここでは畳のお手入れ方法についてお役に立てればと紹介させていただいております。
 畳に関する疑問・質問等は、最寄の畳屋さんまたは畳工業組合へお気軽にお問い合わせください。
 又、これらの情報を元にお手入れを行う場合は、必ず自己責任でお願いいたします。
日常のお掃除
ほうきや掃除機を使うときは、畳の目に沿ってやさしくかけてください。
ほうきを使うのが一番適しているのですが、その時に湿った茶ガラをまくと、お茶のカテキンの作用により「浄化」「抗菌」と一石二鳥の効果が得られます。最後に乾いたぞうきんで乾拭きするのを忘れないでください!
乾拭きが基本!
余分な水分はカビのもと。お掃除は、掃除機+乾拭きが基本で、市販の不織布モップが便利です。丁寧なお掃除には米ぬか拭きがお薦めです。掃除機をかけた 後、木綿布にくるんだ米ぬかで撫でてください。米ぬかの油がしみこんで、つやがあり、汚れにくい美しい畳に仕上がります。
畳の干し方
干すことで最高に気持ち良くご使用いただけます。畳を起こして(マイナスドライバーを畳の隙間に入れると持ち上がります)、空き缶をつっかえ棒にし、窓を開けておくだけでもOK。畳の下の湿気がなくなり、畳が長持ちします。
畳の凹凸直し
家具等でデコボコができた時は、タオルとアイロンがお薦めです。硬く絞ったタオルを被せ、上からスチームアイロンをかけると元に近い状態まで復元します。
畳のしみ抜き

畳にものがこぼれても、汚れの種類で手入れ可能なものもあります。

<コーヒー・お茶・ジュース・お酒・醤油・ソース>
すぐにタオルやペーパー等で吸い取り、食塩をかけます。食塩が湿ってきたら、歯ブラシ等で畳の目に沿ってこすり、掃除機をかけてください。
色がしみている時は、硬く絞った布で拭き取ります。その後、水拭き、乾拭きを十分に行ってください。

<ガム>
シンナーかベンジンを布に浸して拭き取ります。畳の目につまっている時は、布の上からアイロンをあてて、柔らかくして取り除きます。

<クレヨン・化粧品>
住まいの洗剤を歯ブラシに付けて、畳の目に沿ってこすり落とします。その後、水拭き、乾拭きを十分に行ってください。
布にアルコールを付けて拭き取り、乾拭きしてください。

<灯油・水溶性インク>
ペーパー等で吸い取り、牛乳を布浸して拭き取ります。その後、水拭き、乾拭きを繰り返してください。

<ペットのおしっこ>
塩、小麦粉、パウダー(てんかふん)のいずれかを一種類ふりかけ吸い取らせます。それを掃除機で吸い取り、お湯で濡らしたぞうきんを固くしぼり拭き、乾拭きします。その後風通しをよくして水分を蒸発させてください。

畳の裏返し
裏返しとは、畳表だけをひっくり返すことです。畳表の品質を擦れ具合によりますが、4〜5年で裏返し、7〜8年程度で表替えするのが目安です。面倒な家具の移動も畳屋さんがやってくれますので、最寄りの畳屋さんにご相談ください。

最寄の畳屋さんはこちらから

カビがはえてしまったら・・・

十分に日光に当てて干します。ブラシでていねいにカビを取り、畳目に沿って掃除機をかけます。
もうひとつのやり方は、アルコールをぞうきんに少し染み込ませ、目に沿ってカビを拭き取り、十分に風通しをおこないます。

※日光に当てるときは畳表はあてないように!日焼けして変色してしまいます。畳床を日光に当ててください。

こんなときは、畳の交換を!
  • 7〜8年は畳替えをしていない
  • 畳の色が茶色になっている
  • 畳縁が傷んでいる
  • 古くさい感じがする
  • 畳のカマチの出会いが傷んでいる
  • 畳が平らでなくなっている

詳しくは、最寄りの畳屋さんにご相談ください。

最寄の畳屋さんはこちらから